Mz Cpu Accelerator

Mz Cpu Accelerator 4.1.0

ダウンロードはコンピュータのセキュリティ上利用できなくなりました。

プロセスの優先度に合わせてCPUの能力の割り振りを切り替えることができ作業の高速化ができるユーティリティツール

Mz CPU Accelerator(Mz CPU アクセラレーター)は、CPUに負荷のかかるプロセスを管理しCPUパワーが必要なプロセスを優先的に処理することで作業の効率化ができる無料ユーティリティツールです。新しいソフトウェアの起動などでCPUの能力が必要になった場合自動的にそちらに多くを割り振ることができるので、重たいソフトウェアの動作や起動時のフリーズなどを抑えることができます。 完全な説明を見ます

賛成票

  • CPUの能力の割り振りをプロセスの優先度に合わせて変更できるユーティリティ
  • ほぼ自動で動作し操作や設定が簡単
  • スタートアップへの登録など起動方法などを自由に設定できる

反対票

  • CPU管理に特化しておりメモリー管理は行えない

良い
7

Mz CPU Accelerator(Mz CPU アクセラレーター)は、CPUに負荷のかかるプロセスを管理しCPUパワーが必要なプロセスを優先的に処理することで作業の効率化ができる無料ユーティリティツールです。新しいソフトウェアの起動などでCPUの能力が必要になった場合自動的にそちらに多くを割り振ることができるので、重たいソフトウェアの動作や起動時のフリーズなどを抑えることができます。

Mz CPU Acceleratorは非常にシンプルで使いやすいCPUパワー管理ソフトです。使い方もとても簡単です。起動しCPU管理を「アクティブ」にすると自動的にCPUの管理が開始されます。最もCPUパワーを必要とするプロセスがリアルタイムで把握され次々に必要なものを入れ替えながらCPUを稼働させることでフリーズや強制終了の発生を抑えるほかソフトウェアの起動時間などを高速化でき、作業を効率的に行うことができます。ソフトウェアの優先度は3段階から設定できるほか、「スタートアップへの登録」や「アクティブな状態で常に起動する」などの設定を行えます。トレイアイコンとしてCPU使用率を表示させることも可能です。なお初期設定では英語になっていますが日本語にも対応しており「Setting」から「Language」を選び「Japanese」を選択すると日本語表記にできます。

Mz CPU Acceleratorは便利なCPU管理ツールですが、CPU管理に特化しておりメモリーの最適化などを同時に行うことはできません。メモリーを最適に活用できるソフトウェアとしては、主にゲーム向けですが、メモリーの空き容量を増やしゲームの動作を速めるGame Boosterがあるほか、システムとメモリーを最適化してインターネット接続の動作を改善するX-TUNEなどもありますので、用途などに合わせて使い分けたり併用するといいでしょう。

Mz CPU Acceleratorは、CPUの能力をプロセスの優先度に合わせて変更し動作の高速化ができる便利なユーティリティツールです。

ユーザーレビュー

  • "困っています"

    安いですが最新のOS非搭載のPCにWPPROをインストールしました。 そこで「宝島社」発行の「WindowsXP究極の快適設定2012」を元に カスタマイズをして「Mz CPU Accelerator]をインストールしてみたのですが ... もっと.

    についてのレビュー 2012年7月1日

  • PAPY

    PAPYによる

    "困っています"

    安いですが最新のOS非搭載のPCにWPPROをインストールしました。 そこで「宝島社」発行の「WindowsXP究極の快適設定2012」を元に カスタマイズをして「Mz CPU Accelerator]をインストールしてみたのですが ... もっと.

    についてのレビュー 2012年7月1日